結婚相談所のお見合いから交際に発展したあとの進め方③/『2回目以降のデートから真剣交際まで編』


福岡の結婚相談所ラフターマリッジ

こんにちは^^福岡の結婚相談所ラフターマリッジ代表の恒成です。

今回は、『結婚相談所のお見合いから交際に発展した後の進め方』の真剣交際への進め方について書きます。

2回目のデート以降の会う頻度

最初のデートと2回目のデートを無事に終えることができれば、まず一番最初の壁は突破です。

もちろんまだまだ序盤なので、ここで安心したり気を抜いたらダメです。まず2回目のデート以降は、どのくらいの頻度で会うべきか書きます。

2回目のデート以降はお互いの連絡が重要

2回目のデート以降は、お互いに連絡をまめにすることがとても重要です!

2回目のデートが終わり、これからも会うことができる(デートできる)ということは、お互いお見合いの時に比べて気持ちは前向きになっています。ここで重要なことは、しっかりとコミュニケーションをとり続けることです!

男性から連絡しないといけないとか、女性から連絡するのはがつがつしてると思われるとか、そんなことは絶対に思わないでください。男性・女性関係なく、お互いに連絡は取り合いましょう。

そうすることで、だんだん自然に連絡が取れるようになります。最初のうちはどうしてもお互い遠慮がちになるので、ただ連絡しづらいだけなんです。お互い連絡を取ることが普通になれば、どちらからともなく連絡しますし、お互い積極的になってきます。

積極的というか、普段通りの自分になれるということです。

2回目のデート以降はとにかく会う回数を増やすこと

そして2回目のデート以降は、短い時間でもいいので会う回数を増やすことを意識しましょう。

では、どのくらいのペースで会うことが理想的なのかを考えると、やっぱり1週間に最低1回は会う機会を作ってください。仕事や、用事もあったりして会えないこともあると思いますが、会おうとする意識が大事なんです。

会おうと意識をすることで、相手は自分のことを考えてくれているということが伝わり、相手もより真剣にこれからのことを考えてくれるはずです。

連絡のやり取りはもちろん大事ですが、「会う」ということはもっと大事なことです。

真剣交際に発展すれば婚活のゴールが見えてくる

福岡の結婚相談所ラフターマリッジで頑張っているラフマリ会員さんの最終目標は、当然成婚して婚活を卒業していただくことです。

ただ漠然と「成婚を目指しましょう!」といっても、最初から相手がいるわけではなく、お見合いをして交際に発展して、その先に成婚があります。そのため、成婚を目指してはいますが、なかなかイメージできません。

福岡の結婚相談所ラフターマリッジで活動をスタートする際、ラフマリ会員さん皆さんに最初に目指してほしい目標を伝えます。それが「真剣交際」です。

真剣交際に発展すると、少し気が早いかもしれませんが成婚という婚活のゴールが見えてきます。実は、真剣交際にたどり着くことが婚活で一番難しいんです。

真剣交際とは

真剣交際とは、世間一般的に意味する「お付き合い」と同じ意味になります。

真剣交際になるということは、お互いにお見合いのお申し込みやお見合いをすることをやめることを言います。つまり一人に絞り込み、お互いを結婚相手として意識しながら交際を進めていくということです。

真剣交際に発展させるタイミング

結婚相談所のお見合いから交際に発展したあと、真剣交際に進展するタイミングは、目安で1か月前後(交際相手と3~5回会ったくらい)です。

1ヶ月くらい交際していれば、なんとなく真剣交際になるというわけではありません。真剣交際に発展させるためには、男性から女性に対して「交際宣言」をする必要があります。

交際宣言とは、いわゆる告白です。「私と結婚を前提に付き合ってください」というような感じです。交際宣言をすることで、お互い結婚を意識しながら交際を進めていくことができます。交際宣言をするかしないかで、交際の進展が大きく違ってきます。

また交際宣言をするタイミングについては、福岡の結婚相談所ラフターマリッジが交際中のお互いの気持ちを確認しながら進めていくので、交際宣言のタイミングについてもしっかりサポートします。

まとめ・真剣交際に発展できれば成婚も近い!

「結婚相談所のお見合いから交際に発展したあとの進め方」について3回に分けて書きましたが、言ってみればこの真剣交際への進め方です。

真剣交際に進展したということは、お互いがこの人とだったら結婚に向けて話を進めてもいいという気持ちになっています。真剣交際後の交際は、成婚に向けてへの準備期間として進むべきものです。

ただ、交際宣言をしたからといって、100%真剣交際に発展するということではありません。「あなたとの結婚を真剣に考えている」という自分の気持ちを相手に伝えた上で、交際を継続するかどうかの意思を相手に委ねることになり、交際終了のきっかけとなることもあります。

断られることを怖がって交際宣言をしなければ、進展もありませんし、結局相手に愛想をつかれてしまうかもしれません。交際宣言をする側もそうですが、受ける側も交際宣言を受けたときに「この人と結婚できるかどうか」を判断します。

つまり真剣交際が成立した時点で、お互い結婚してもいいという意思を確認したことになります。まだプロポーズとは違いますが、成婚までの距離がぐっと近づいたことは間違いありません。

結婚相談所のお見合いから交際に発展したあとの進め方

▶ ファーストコールから最初のデートまで編
▶ 1回目のデート編

★結婚紹介・結婚相談ブログランキングに参加しています。
★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ

この記事を書いた人

恒成幸政
恒成幸政
はじめまして。
福岡・久留米の結婚相談所ラフターマリッジ代表の、恒成幸政(つねなり こうせい)と申します。私の名前は、上も下も、恒成(こうせい)、幸政(こうせい)と読めるので、「こうせいさん」と呼んでもらえると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で