「結婚プロジェクト」No.4 相手の立場に立ってみよう


男性には男性の、女性には女性の「結婚プロジェクト」が、そして20代には20代の、
30代には30代の、40代には40代の「結婚プロジェクト」があると思います。
他人から見た実年齢と、今の自分の精神年齢がアンバランスな人は意外に多いです。
永遠の29歳の気持ちでいたい男性の気持ちも、昔はモテタという過去の記憶もわかります。
しかし「結婚という縁」が遠くなっていくスピードは本当に早いです。
「アレ?」と気づいた時には1年、2年なんてあっという間に過ぎています。

この「結婚プロジェクト」シリーズを読んでいる会員さんからメールを頂きました。
「逆算したら今年の〇月までには結婚しないといけない!」と改めて覚悟が出来たと。
良かったですね!!
そんな覚悟が出来ると、人を見る目も自分を見る目も現実的(リアル)になります。
自然な出会いが少なくなって来たら、やはり計画を立てていかないといけません!
少しでも早いうちから計画&行動をした方が慌てなくてすみますからね。
結婚はイメージでは無く、1日1日のリアルな日常の積み重ねがとても大切です。

どうしても子供が欲しいと思っておられる男性の方へは、こんな具体的な数字で・・・。
例えば42歳の場合、今すぐ結婚できたとしてすぐに子供を授かっても子供が大学を出る頃、あなたは65才です。これが47歳の男性だとしたら・・・70歳になっているわけです。
当たり前のお話ですが・・・、すぐに授かった場合の話です。気持ちが若いのはいい事ですが、
50代になると小学校の運動会で若いパパ達と一緒に走る覚悟も必要なのです。
男性が若い女性を望むのは本能なので(笑)しょうがありませんが、夢見る男性と違い、
女性は様々なリアルな現実を見ている方々は多いものです。人生がかかっていますから。

結婚を視野に入れて活動している人しかいない相談所にはそのような方はいませんが、
何年もお付き合いをしているのに「まだ結婚する気が無い」なんて結末はとても辛いと思います。
年齢にあまり制限無く「子供が欲しい」と、希望条件が言いやすい男性と違い、女性には切実な年齢との闘いもあります。男性は、そこを理解しないと思いやりに欠けるのではないでしょうか。「結婚プロジェクト」にはそういった、現実的な要素も含めて考えていかないといけないという事ですね。
夢と現実の狭間で、今現在、自分が実現できそうな結婚活動をしていくべきだという事です。

そもそも結婚生活の中で最も大事なものは「お互いへの思いやり」の気持ちでしょう。
相手の立場にたった婚活ができるようになれば、二人は温かい関係になっていると思います。
自分の人生だけではなく、相手の人生への思いやりもたくさん持つべきだと思います。
譲ったり、譲られたりと、お互いの優しい気持ちのやり取りはとても大事な部分ですね。
結婚ってひとりの人生ではなく「二人」そして「三人」の幸せを願う事ですから!
そういった「思いやりの気持ち」も結婚プロジェクトには是非、入れて欲しいものです。

★一緒にお読みください【結婚プロジェクトシリーズ】











★結婚紹介・結婚相談ブログランキングに参加しています。
★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ

10日に1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、
無料相談の際に相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

この記事を書いた人

武市潔
武市潔縁マリッジ 代表
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で