「選び方」のコツ【5】~釣り合いとは


釣り合いがとれている相手かどうか・・・。
それは昔から言われているように、結婚する上でも非常に大切な要素になります。
資産とかだけではなく性格や価値観、容姿、学歴、職業、そして家庭環境など色々あります。
釣り合いが取れる、いわゆる自分とのバランスが程よい状態の相手だとお互い「楽」です。
一般に居心地が良く、気が楽な相手と出会えた時、婚活はあっという間に終わります。

つり‐あい〔‐あひ〕【釣(り)合い】
1 つりあうこと。かねあい。調和。均衡。バランス。「色の―が悪い」「―のとれたカップル」「―を保つ」
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/148525/meaning/m0u/ goo辞書より

釣り合いという言葉が今日の話で適切かどうかは微妙ですが、選び方はとても大事です。
自分と釣り合いの取れる相手を選ぶことが何となく上手な方の婚活期間は短いものです。
逆に釣り合いが取れるかどうかなんてお構いなしに婚活されている方は時間が掛かります。
例えば、あまりにも年が離れた若い女性ばかり選んでいる男性の婚活はとても時間がかります。
その間に自分も年を取ってしまうことに気が付かないくらいに時間がかかるようです(苦笑)
turiai
逆に選び方が上手な方の特徴はズバリ、「自分をよく知っている」という点。
自分の事を過大評価も過小評価するでもない等身大の今の自分を知っている人。
これは男性も女性も同じです。
婚活の基本中の基本は「自分を知る」ことですね。20代の頃と30代の今の自分とでは違って当たり前なのですがなかなか実感するのは難しいもの。
婚活市場の中で、今の自分はどの辺りにいるのか想像することは大事です。
自分だけが多数の異性を相手に婚活しているわけではなく、同性のライバルも多いのです。

自分だけが自分の好みや条件だけで選んでいるうちは、うまくいきません。
相手のことを全く考えないような選び方に「思いやりの心」は無いからです。
子供が欲しいという理由で、若い女性を選ぶ男性に女性側の視点はどれくらいあるのか?
10年後、20年後の女性側が安心&納得できるようなビジョンは存在するのかどうか?
自分だけの都合でお相手探しをしているうちは中々、良縁には巡り合わないものです。
結婚が遅れてしまっている原因の多くは実は「相手の選び方」が下手な人が多いからです。

結婚相談所で婚活する利点のひとつは「結婚したい人がたくさんいる」ということなのですが、
その選択肢の多さが逆に「選び方が下手な人」をたくさん作ってしまっているようです。
チャレンジ精神をもって積極的に難しい方々へお申込みをする婚活もいいでしょう。
しかい時間も掛かる事が多いし、険しい道になることも覚悟しなくてはいけません。
そして釣り合いが取れない相手とは結婚後の生活もまた大変なのではないかと思うのです。
逆に釣り合いが取れる相手とは、結婚後もバランス良く仲睦まじくいられる事も多いものです。

「自分を選んでくれそうな人を選ぶ」 と釣り合いが取れそうだと思いませんか?
そんなことを普段から考えてみることも 婚活 になります。

★結婚紹介・結婚相談ブログランキングに参加しています。
★☆★☆★☆★☆★
人気ブログランキングへ

◆  関連BLOG(一緒にお読みください)





10日に1組の成婚が誕生している 福岡の結婚相談所 縁マリッジ は、
無料相談の際に相談所の婚活方法や結婚事情、相談所の違い等をわかりやすく説明しています。
無料説明時にセールス・勧誘などは一切しない、「結婚に最も近い相談所」です。
メールかお電話にて、どうぞお気軽にご連絡(予約)下さい。

この記事を書いた人

武市潔
武市潔縁マリッジ 代表
福岡市、西鉄薬院駅すぐ横にある、結婚相談所・縁マリッジです。
10日に1組以上のペースで成婚カップルが誕生している、縁マリッジは何故成婚が多いのか?相談所で婚活する為のお話を書いています。
福岡いちわかりやすいと評判の無料相談は予約制になっております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で